会員登録5%OFF! ニュースレター登録5%OFF!

goodfelt_badfelt

良いフェルト悪いフェルト

"低品質の素材にありがちな毛玉は汚れを拾ってるように見えたり、汚く見えたりという部分があります。しかし、メリノウールはその毛玉が発生しにくいんです。"

- ダニエル・ランツ

良いもの、悪いもの、醜いもの

最近、フェルトと称される素材が数多く存在しますが、よく見るとメリノウールと謳っている製品はほとんどありません。巷でよく見かけるフェルトのような物質は、真のフェルト生地でないことがほとんどです。その実態はどこかの機械から絞り出された石油化学物質の混合物のようなものだったり、デッドヘアと呼ばれる羊毛繊維であることがほとんどです。いずれにしてもこれらに共通する生地に起こること、それは「毛玉」です。 メリノウールを使用した製品には毛玉ができにくいです。その秘密は、繊維に沿って自然なクリンプを形成しそれをひとつにまとめるところにあります。このクリンプ効果は、低品質の繊維では再現できず、脱落して毛玉の原因となるのです。 そのような製品は長持ちせず、すぐに廃棄物として処理されてしまうため、リサイクルも生物分解もでいないため、私たちのスタイルに適していません。長く愛され、使い終われば自然に分解されるものを作りたいと考え、メリノを使用しているからです。そのため、私たちは、世界最高メーカーの世界最高のフェルトのみを使用しています。

フェルト工場

 フェルト工場は、バイエルン州の小さな地域にあり、最高水準のウールを使用し、伝統的な製法え高品質なフェルトを生産しています。この素晴らしい生地の需要は生産量をはるかに超え、競争率が高くなっています。加えて、それだけの品質水準を保つためのコストもかかっており、価格は高品質の革の皮と同等になるのです。


バイエルンの工場を見学